落ちないメイク

アートメイクとはニードルを用いて色素を沈着させる施術です。刺青と勘違いする人がいますが、アートメイクでは皮膚から約0.02ミリほどの場所に色素を入れるため痛みが少なく、色の持続性は数年間だと言われています。アートメイクが施される場所は、眉毛やアイライン、リップなどです。色素を沈着させているため水に濡れてもアートメイクであれば落ちることがなく、プールやビーチ、温泉といった場所でもメイクをキープしたままでいることができます。またメイクが苦手な人であれば、毎朝自分で一からポイントメイクをする必要がなくなり、メイクにかける時間を短縮することもできます。施術する人により仕上がりに違いがあるため、上手なクリニックを選ぶことがおすすめです。

アートメイクは中国を起源としており、その技術は台湾に渡りました。そして台湾からアメリカへ伝わり、日本では今から約35年ほど前からアートメイクの施術が行われるようになりました。最近ではアートメイクの施術が広く普及し、多くの人々がアートメイクを行っています。利用者層は幅広く、若者から高齢者まで様々です。しかしどちらかといえば20代の若い人々が積極的に施術を受ける傾向にあります。眉毛の施術はもちろんのこと、アイラインに施術を行うことでメイクを落とした後でも魅力的な大きな目をキープし続けることができます。20代の間では、目の際までしっかりとアイラインを入れるメイクが流行っており、アートメイクでも同じようなメイクの需要が高まっています。

Copyright © 2015 ネイルで始まる美しいワタシ【美爪育成塾】 . All Rights Reserved.